お子さんは自分の歯を守ることができません~小児歯科~

小さなお子さんは歯みがきなどの十分なケアが自分でできないだけでなく、虫歯から歯を守ることの重要性も理解していません。そのため自分で口腔ケアができるようになるまで、親御さんの気配りや正しいケアが重要です。

当院の小児歯科では、そんな親御さんのお手伝いをしながら、大切なお子さんの歯をお守りします。治療時には親御さんにも同席してもらい、治療や予防の方法についてきちんとお伝えします。また、キッズルームやごほうびのおもちゃもご用意。痛みをできるだけ抑えた治療の取り組みも行っていますので、安心してご来院ください。

お子さんが自分でお口のケアができるまでをサポート

乳歯が生え始める生後半年くらいから、虫歯との戦いがはじまります。自分できちんと歯みがきができて、親御さんの仕上げみがきからも卒業するのは小学校中学年くらいから。当院では、それまでの10年近い期間をしっかりサポートさせていただきます。

また、当院の院長は学校医も務め、園児や生徒さんの検診も行っています。さらに、保護者向けの講演会なども行っているため、お子さんや親御さんの実情・心配な点・虫歯予防で難しいポイントはよく理解しています。わからないことや気になることがあれば、お気軽にご相談ください。

【よい歯みがきの仕方について】

乳歯の時期は親御さんがやさしくブラッシングしてあげましょう。乳歯にぴったりのブラッシング方法は「横みがき」。子ども用のヘッドの小さな歯ブラシを歯の表面に垂直に当て、小刻みに動かしてプラーク(歯垢)を落とします。あまり強すぎると、歯質や歯ぐきを傷つけてしまうので気をつけて。小さいうちは歯みがき剤も使わなくてかまいません。歯と歯ぐきの境目、奥歯が念入りにチェックしてあげるポイントです。

乳児期 舌やお口の中に残った汚れを、ぬるま湯に浸したガーゼなどで拭ってあげましょう。
歯が生え始めたら これまでと同じように歯の表面もガーゼなどで拭ってあげましょう
1歳くらいから お口に何でも入れるこの時期くらいから、歯ブラシの感触に慣れさせてあげましょう。そして、親御さんがやさしく仕上げみがきしてあげましょう。
3歳くらいから 自分で歯をみがく練習をさせてあげましょう。もちろん親御さんの仕上げみがきも重要です。
5歳くらいから 1日3回の歯みがき習慣を身につけさせてあげましょう。親御さんの仕上げみがき、最終チェックはまだまだ必要です。
6歳くらいから 「6歳臼歯」という硬くて大きい奥歯が生えてきます。虫歯になりやすいので、注意してあげましょう。

小児歯科(定期検診)メニュー

お口の中を専門家が総合的に確認し、お子さんの歯の健やかな成長を見守ります。発達段階に合わせて適切なアドバイスや予防処置を行います。3ヶ月に1回ほどのペースで定期的に受診していただくと効果的でしょう。

フッ素塗布

歯の表面にフッ素を塗ることで、エナメル質の再石灰化を促し、虫歯に強い歯を作ります。ごく初期の虫歯であれば、フッ素塗布で治癒するケースもあります。

シーラント

虫歯になりやすい奥歯上部の複雑な形の溝。ここをあらかじめ歯科用プラスチックでふさいでおくことで、食べかすの侵入を防ぎ虫歯を予防します。

歯みがき指導

お子さんの年齢やお口の状況(歯列や生え変わり時期)に合わせて、効果的な歯みがき方法をお教えします。親御さんには正しい仕上げみがきの方法をしっかりお伝えします。

過剰歯の抜歯

通常生えてくる本数より多く生えてきた歯のことを「過剰歯」といいます。過剰歯は他の歯を圧迫したり、みがきにくくすることから虫歯を招きやすかったりするので、多くの場合抜歯をすることになります。

小児矯正(ムーシールド)

お子さんの体や顎の成長に合わせて、適切な時期に矯正治療を行います。反対咬合(受け口)と言われたお子さんには、マウスピースを使ったムーシールドという矯正治療を行っております。お子さんの歯並びのことで気になることがあれば、お気軽にご相談ください。

当院では、抜けそうな乳歯の「生えかわりサポート」もしています。永久歯への正しい生えかわりは虫歯リスクにも関係してきますので、ぜひお気軽にご相談ください。

【妊娠中の歯科治療について】

妊娠中はホルモンの分泌が増えたり、それまでと体調が大きく変わってくることからお口の病気になりやすくなります。

1. 妊娠中はつわりで口腔ケアがしにくいため虫歯や歯周病になりやすい
2. 妊娠中の歯周病は、早産・低体重児出産の危険性を高める
3. だ液の能力に変化が起こり、お口の中が酸性になり虫歯になりやすい

【妊娠中の歯科治療について】

当院では、妊娠中の女性の診療時には、十分な注意を払っています(レントゲンや麻酔、投薬など)。ご予約・受診時に妊娠していることをお伝えください。また、妊娠中の歯科治療に適するのは安定期の間です。タイミングを逃すと出産後まで治療を受けられなくなってしまうこともありますので、気になる症状がありましたらなるべく早めに相談しましょう。

先生からのメッセージ

地域の歯科医療への貢献を目的に、長らく近隣の幼稚園や小学校の校医を務めさせていただいています。また、定期的な集団歯科検診だけでなく、親御さんからのご要望もあって、お口の健康についての講演会などでもお話させていただいています。ある小学校では、生徒さんが顎を負傷したとき、私が口腔外科の話をしたことを覚えてくれていて、救急病院ではなく「まず深澤先生に相談しよう」とご連絡をいただきました。無事に応急処置ができて幸いでしたし、そうやって信頼を寄せていただけるのが何より嬉しいですね。お口のことなら、何でも対応できますので、ぜひお気軽にご相談・お問い合わせください。

埼玉県さいたま市|診療予約|深澤歯科医院