プロケアをプラスすることで効果的な予防が実現します

歯みがきなど毎日のセルフケアを丹念に行っている方でも、虫歯や歯周病を発症してしまうことがあります。これは、自分で行う歯みがきなどの口腔ケアには限界があるため。お口の健康のためには、歯科医院のプロケアを効果的に取り入れる必要があるのです。

また、虫歯も歯周病も初期は自覚症状がないため自身では発見しづらいですが、厳しいプロの目でチェックすれば早期発見・早期治療が可能です。早期治療や予防であれば、簡単なもので済むため、痛みなどの身体的負担はじめ、時間的負担、経済的負担の軽減につながります。積極的に予防歯科を利用しましょう。

定期検診のご案内

当院ではご来院の患者さんに、定期検診の受診をおすすめしています。一人ひとりのお口の状況に応じて最適な予防プランをご提案し、その方に合った頻度でしっかり予防処置を行います。いわば、あなただけのオリジナル予防プランです。

また、長期でご来院がない患者さんには、定期検診のご案内はがき(リコールはがき)をお送りしています。治療後にお口のトラブルが再発していないかを確認し、また歯石除去やクリーニングなどを通じて末永くお口の健康をお守りします。ぜひお気軽にご来院ください。

当院の定期検診で行う予防処置

カリエスリスク診断

ガムを噛んでいただいてだ液を採取し、そのだ液から口腔内の細菌の数や種類を把握し、虫歯リスクを判定します。その結果から効果的な予防プランをご提案します。

歯みがき指導

歯みがき指導

患者様一人ひとりのお口の状態に合わせて注意すべき歯みがき時のクセやみがきにくい箇所、歯や歯ぐきへの歯ブラシの当て方、動かし方などを含めた適切な歯みがき方法を指導します。また、歯ブラシなどのデンタルケアグッズの選び方もアドバイスいたします。

【大人だからこそ気をつけたい口腔ケアのポイント】

【大人だからこそ気をつけたい口腔ケアのポイント】

成人・高齢の方に気をつけていただきたいのは、虫歯よりも歯周病に重点を置いた歯みがきの仕方。歯の表面だけでなく、歯と歯の間、歯と歯ぐきの間もしっかり汚れを落としましょう。また、歯ぐきのマッサージで血行を促進するのもいいでしょう。さらに、歯ブラシだけでは届かない歯と歯の間は「歯間ブラシ」を活用すると効果的です。お口の中の殺菌効果を狙って口腔洗浄液を使用するのもいいですね。

お子さんの歯みがきなどのお口のケアについてはこちらでご紹介しています 子どもの歯が心配・小児歯科

PMTC

PMTC

専用機器を用いた歯のクリーニングです。普段のセルフケアでは落としきれない歯と歯の間、歯と歯ぐきの溝(歯周ポケット)などに溜まったプラークや歯石などの汚れを徹底的に除去し、虫歯や歯周病を予防します。軽度の着色の除去や口臭予防にも効果があります。

【クリーニングでお口ピカピカ!】

【クリーニングでお口ピカピカ!】

クリーニングでは、プラークやプラークが石化した歯石を徹底的に除去した後、最後に表面をツルツル・ピカピカにみがき、フッ素などを塗布して仕上げ、細菌の再付着防止、歯質の強化につなげます。痛みもなく、さっぱりとした感覚が手に入ります。

フッ素塗布

フッ素塗布

歯質を強化するはたらきを持つフッ素を歯に直接塗布することで、虫歯菌の出す酸に対する抵抗力を高め、虫歯になりにくい歯にします。また、フッ素には再石灰化を促すはたらきもあるため、ごく初期の虫歯なら治癒が期待できます。定期的に行うと虫歯予防に効果的です。

生活習慣の指導

生活習慣の指導

虫歯も歯周病も直接の原因は細菌ですが、生活習慣に問題があることもあります。食事・睡眠時間・飲酒・喫煙などの生活習慣についておうかがいし、必要があれば改善のアドバイスを行います。

咬み合わせチェック

咬み合わせチェック

咬み合わせが乱れていると、食べものがうまく咬めないだけでなく、歯みがきのしづらさから虫歯や歯周病を、顎の歪みにつながり顎関節症や肩こり・頭痛などさまざまなトラブルを招いてしまうことがあります。咬み合わせをチェックすることでこれらのリスクを把握し、解決へと導きます。

【体の不調につながる咬み合わせ~顎関節症~】

【体の不調につながる咬み合わせ~顎関節症~】

咬み合わせの悪さは、思ってもみないところまで悪影響を及ぼしてしまうことがあります。片側だけで咬むなど、咬みしめたときのバランスが悪いと、顎関節症を引き起こすことがあります。

顎関節症とは、「何もしていないときでも顎が痛い」「口を開けられない(指を3本縦に揃えて入らない)」「口を開けるときに顎から音(ガクガク、ジャリジャリ、ミシミシなど)が鳴る」といった症状を持つ疾患のことです。放置すると顎関節の緊張が他の筋肉の緊張を呼ぶことになり、全身の骨格の歪みにつながり血行不良や頭痛、肩こり、不眠などの症状につながることも。

当院では、咬み合わせの高さを歯科素材を使って調整する補綴(ほてつ)治療、マウスピースを用いたスプリント療法、部分矯正によって咬み合わせを整える治療など、さまざまな治療法をご用意しています。気になる症状があれば、お早めに当院へご相談ください。

【睡眠時無呼吸症候群の治療にも対応】

睡眠時無呼吸症候群は、就寝中に顎が下がって喉が圧迫されることによりいびきがひどく、呼吸が止まっていることがある症状を持つ疾患です。放置すると日中に眠気に襲われ仕事の能率が低下するばかりでなく、居眠り運転など事故を起こす危険性もあります。

当院では、就寝時にマウスピースを装着するといった治療を行っています。マウスピースの使用によって咬み合わせを適切な位置にキープすることで、顎が下がり喉が圧迫されるのを防ぎます。お気軽にお問い合わせください。

先生からのメッセージ

歯科先進国である欧米諸国では予防のための通院が主流となっているため、日本に比べ80歳代での歯の残存本数が大きく上回っています。つまり、予防・定期検診に通っていれば、天然歯を残せる率が高まるのです。しかし、日本では、まだ「歯科医院は歯の治療のために通うところ」といった風潮が根強くあります。

今はなんのトラブルがないと思っていても、知らない間に病気になっている場合もあります。現代では、お口の病気の原因がしっかり解明され、その対策も確立されています。「歯科医院は予防のために通うところ」という認識を持ち、10年・20年・30年後の自分の健康のためにも、定期的なプロの手によるメインテナンスを受けましょう。

埼玉県さいたま市|診療予約|深澤歯科医院